植林から始まる家づくり

HOME>植林から始まる家づくり

森の立木(りゅうぼく)が、お家になるまで

林業は「植林」→「伐採」→「木の活用」→「植林」のサイクルが循環させます。
自然環境の問題がクローズアップされている中、木材は、上記のサイクルを繰り返すことで「再生可能」なエコ資源として、注目を浴びています。

1.植林

 木の伐採後や造林に適した場所に「植林」します。
 植林することで、森の環境が守られます。
森林と植林
常にサイクルを
木材はエコ資源です

2.枝打ち・間伐

 木の成長を促すため、「枝打ち」や「間伐」をします。
 適切な間伐は、保水力を高めます。

3.伐採

 木を選び、計画的に伐り倒します。

4.原木市場

 伐採した木を原木市場に持ち込みます。
 原木市場でセリにかけられ、各業者に売られることになります。
原木市場でのセリ
製材所へ
製材所へ

5.製材工場

 原木市場で落札した丸太を、製材工場で加工し、製品に仕上げます。
丸太を加工
角材や板材へ
仕上げへ

6.製品市場

 製品となった木材をセリにかけます。

7.材木店(問屋・小売店)

 材木店(問屋と小売店)は、製品市場で用途に応じた製品を仕入れます。

8.大工・工務店・プレカットメーカー

 木の持つ優れた特性を生かした、住み心地の良い住宅が建てられます。

お問い合わせフォームへ
組合員に加入をご検討の方へ

木材の魅力は、優れた調湿機能・吸音性・香り・柔らかさ・紫外線の吸収・温もりと癒し効果などがあります。
森林の中で生まれた木材は、大自然の力で人を包み込むように守ってくれるのです。

※天日でじっくり乾燥させた材は化学物質過敏症の方にも良いという症例もあり、アレルギーでお悩みの方などには特にお試しいただく事をおススメいたします。